小陰唇肥大をチェックしよう│ホッと解決レディの悩み

小陰唇肥大を解決

女性の身体は変化する

女性は年齢を重ねるごとに、女性の身体へと変化していきますが、その中で女性のデリケートゾーンである小陰唇が変化していきます。こうした変化によって女性らしい身体になっていきますが、その中で小陰唇が肥大してしまう女性もいます。小陰唇肥大になると、自転車に乗った時に擦れて痛くなる場合や、おりものが多いという現象が現れます。もしデリケートゾーンに違和感を感じた時には病院の治療で改善することができるので一度足を運んでみると良いでしょう。ネットにはセルフで検査する方法も多く載っているので、小陰唇肥大かどうか確認するのは自分で行うことも可能です。クリニックに行く時には、安心して手術ができるように、口コミや評判をチェックしておくのが良いでしょう。

手術の流れ

小陰唇の手術を行う時には、まずは医師と術後仕上がりの形をデザインします。小陰唇の大きさを計測しながらデザインを考えていくので、人によって形は変わります。その後麻酔をして手術に入りますが、病院によって麻酔の種類も選ぶことができるので、自分が安心して手術に挑める麻酔を選ぶと良いでしょう。その後手術に入り、肥大した小陰唇を切除しますが、この時は小陰唇肥大の手術専用の機器を取付ます。出血を伴いますが、その後縫い合わせるので安心です。縫い合わせるときの糸は、今ではほとんどが溶ける糸を利用しているので、術後抜糸をする必要が無いので病院に行く必要がありません。こうした流れで行う小陰唇肥大の手術は、短い人であれば30分程度で終了することができます。

↑ PAGE TOP

Copyright© 2015 小陰唇肥大をチェックしよう│ホッと解決レディの悩み All Rights Reserved. Web Design:Template-Party